{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

応答せよ、こちら洛外より vol.1

550円

送料についてはこちら

オートエスノグラフィーとは何か、ざっくりと、学術的な修練を積んだ人による自分の生の記述であると理解しています。自伝とは何が違うの、といえばそこは修練に基づき客観性をどう示すかであり、自分の経験というフィルターを通して社会をどう重層的に描きうるかだと思っています。 (あとがきより) 人文学的なバックグラウンドを元に、病気や障害など何らかの困難に直面した人がそれぞれの話をしている小冊子です。 ----- 特集 身の回りを書く 目のなかの水を見る(病棟日記) 山家悠平(女性史研究家、作家) とにかく書きまくる 横道 誠(京都府立大学文学部准教授) 医師が書くエスノグラフィー 水谷耕人(医師) 出版社になるまえに 越道京子(実生社) 本文52頁、B6判 2024年 実生社

セール中のアイテム