{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

みんなもっと日記を書いて売ったらいいのに / 小沼理

残り1点

1,320円

送料についてはこちら

社会が混迷を極めるなかで、個人が日記を書き、売る。その行為の先に何があるのか。 インディーズ雑誌『つくづく』編集人・金井タオルの個人的な問いかけに端を発する、日記にまつわるエッセイ集。半年間だけ出していた『月刊つくづく』の同名連載にくわえて、あらたに飯田エリカ、僕のマリ、星野文月との日記にまつわる対談を収録。 「日記は書き手が主、できごとや感じたことが従のように思えるけれど、私にとってはできごとが主、書き手が従なのだと思う。その関係の中で、従者の自分があれこれ試行錯誤しながら書いている。その格闘のたしかな手応えが、日記を本にして読まれたい、という気持ちにもつながっていくのかもしれない。」 (本文より) 2023年

セール中のアイテム